1回目・霊山山〜打見山
2回目・打見山〜堂満岳
3回目・釈迦岳〜寒風峠
4回目・寒風峠〜岳山
5回目・坊村〜地蔵山
比良縦走・第6回(最終回)・2010.08.05.木

ボボフダ峠〜蛇谷ケ峰〜くつき温泉


5:19
比良縦走、最終回の朝だ。
それにふさわしく、遠くに富士山も見えている。
実に珍しい♪

おお〜っと!
こっちにも富士山が見えている♪すごいね!!ダブル富士だね♪

・・なんてしょーもないことしとらんと用意をせねば・・
7:10 梅田を出発♪
8:30 京都・竹田着。
ここで集合の人は本来8:00集合なのだが、道が混んでいるとどうしても遅くなってしまう。いつもはスグに乗り込んで発車だが・・ん?どうしたんだろう?一人来ていないみたい。添乗員が電話をかけるも留守のようだ。・・ということは・・すでに出ているというわけか。
でも〜しかし〜集合時間は8:00だよ〜すでに8:40だよ〜??

しかたがないので連絡が取れないまま発車。

少しして・・電話がかかってくる・・その一人は8:43に着いたようだ。
そりゃ〜無理だわな・・遅れすぎやで・・
窓から比良山系が見えてくると・・なんと・・

どお〜〜んよりと・・・黒く厚い雲の中に隠れてしまっている・・

おいおい・・朝から雷かえ?・・ってなくらい・・どお〜〜んより・・

でも・・まあ・・予報では東から高気圧が張り出してくる・・はず・・
10:45












前回のゴール地点「畑」バス停に着く。遠いなあ〜★
・・あれ?・・あれれ?・・
大型のバスが後から2台も続いて入ってきた・・
え〜?偶然にも同じコースかあ・・ものすごい人数になるじゃんっ★

え?えええ?・・・「クラブツーリズム・箱館山・ユリとメタセコイヤ」??

え”〜〜っ★場所が全然違うじゃんっ★

な・・なんでっ??なんでついてきたんやっ★
添乗員も運転手も・・なんで気が付かなかったのぉ〜?

こちらの添乗員が説明して引き返せと言ってる。
相当な時間のロスやで〜★
10:47 天気の豹変といい・・なんか・・知らんけど・・
最終回にふさわしく?話題が湧いてくるなあ〜・・

本当なら地蔵山へ回って完全縦走をしたいんだけど・・
地蔵山〜須川峠までは空白のままになってしまうようだ。
バス停から前回とは反対の方へ向かう。

今日はニャアは一班♪先頭グループになる♪
この企画は1回につき木・土実施される。ニャアは4月にはすでに全回申しこんでいた。
7月31日(土)にすでにゴールした人達がいる。
その日、ニャアは奈良交通の天狗倉山へ行くので、今日のこの日を選んでいた。

で・・その7月31日は、すこし林道を外れて谷沿いを歩いたそうだが・・どうやらヒルが結構出たようで・・今日はできるだけ林道を歩くように変更されていたし、トイレ休憩の道の駅で防虫スプレーを5缶出してくれた。
ニャアはどうせヒルはいるだろうと「ヒル下がりのジョニー」を持って行ってて、足もと・首筋・帽子にかけ、更に防虫スプレーもたらふくかけ・・
11:15
用意万端・・いざ・・突入★


下の方に、でっかいオレンジ色のキノコ発見♪
12:11 時折、冷やっこい風が通り抜けていく・・気持ちいいけど〜雷は嫌やで〜

でも・・黒雲に覆われていたにしてはガスがない・・寒風峠からスタートした時のように、晴れに向かってくれれば・・と、あまり人が通らない様子の谷道を上り詰める。

ボボフダ峠?須川峠?

ここからは尾根伝いになる。空の様子も見えてくるし風も通るかなあ?
13:09
13:45 蛇谷ケ峰頂上♪902m

・・・わあ〜い!!・・・すごい景色やな〜・・・さ!下山や!下山!

おっとろしい雲が・・釣り天上の如く・・下りてくる・・悪魔降臨・・・

1班のメンバー

雲の流れは・・こんな具合・・右から押し寄せて・・・

皆、早く下山したいのに・・リーダーは・・のんびりと・・

雨が降ってきた・・

ホレっ★ふってきたやんっ★


う〜〜ん〜〜この・・ボコボコ飛び出した雲も気に入らんなあ・・
こっこさん、イライラが頂点に★
「なにしとんねん!」・・皆で大声をあげる。
「番号いうていこっ★」
1〜2〜3〜・・・・」

リーダー、大声にやっと気がつき「ごめんごめん」
14:13 ザックカバーをした人も出たが、カッパを着た人はいなかった。
暑いからナア〜ニャアも勿論着なかった。これで大正解♪
すぐに雨は止んで・・とはいえ・・いつ降ってもおかしくない状態やけど・・
15:21
15:29 見覚えのある建物♪(2005.12.10)
15:31 ゴ〜ル♪・・バスの向こうに温泉がある。
まだ2班が下りてきていないので、1時間20分の温泉タイム。

ゆっくりとつかって満足して出てくると・・食堂に「鹿丼・・鹿カツ丼」のメニュー発見・・しまった・・もう少し早く出て食べたら良かった・・
16:50 時間通りに集合し、帰路につく。

相変わらず比良の山々は雲に襲われていたが、あれ以来、雨も降ることなく過ぎていくようだ。

6回×2の12回でリーダーを務めた方が、ワインや冷たい水を振る舞って下さった。

「え〜12回の中には4回ほど悪天候がありました。
 土砂降りになったり・・ヒョウが降ったり・・雷が鳴ったり・・」

へえ〜〜〜っ★
ニャアが土と木を行ったり来たりしている間に、そんな事もあったのか!
や〜〜っぱりニャアは晴れ妖怪だニャ♪

18:16 やけにパトカーや消防車が走っている・・

なんやろ?どこやろ?あ!救急車も行った・・


あああああっ★

前方、右手の小高い丘・・

ものすごい火柱がっ★


丘ごと燃えさかっているっ★
(・・というふうに見えるのだっ)

もし建物があったとしたら完全に燃えてるっ★
雰囲気的には資材置き場のようだが・・

バスの中、騒然★

・・・一瞬で通り過ぎてしまった・・が!ニャアは激写★

・・・なんや・・こんだけか・・みたいやけど〜
もう通り過ぎてから撮したから・・一瞬やし・・

最初に見えたときはバスのひとつの窓全体が火柱!!
炎の先端は、はるか上空まで達していて、見る事ができなかった。


あまりの凄さに、一瞬たじろいでしまい、カメラが遅れてしまった。


どうなったんだろう?

・・という・・何だか色々あった最終回。

大満足の一日だった。満足♪満足♪

トップヘ
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO