奈良:天理:竜王山 2005.07.23.土

JR・近鉄:天理駅=バス=天理ダム〜竜王山(北城跡)〜藤井田龍王社〜竜王山(南城跡)〜柳本龍王社〜竜王山古墳群〜祟神天皇陵〜長岳寺〜トレイルセンター〜竹之内集落〜天理観光農園〜石上神宮〜天理駅(16km)

   

天理市パンフレットより

9:51 天理ダム出発 ダムに沿って歩くので、
トラックやらバスやら・・・
排気ガスがスゴイ!
早く山道にならないかと思う。
10:09 この辺りから・・・急に呼吸が苦しくなる。喉から気管にかけてヒリヒリして酸素が少ししか吸収できないってカンジ。
ますます、ゆっくりゆっくり、一歩ずつしっかりと歩くようにする。


10:31
 この辺りが一番苦しかった


10:44
 「竜王山城跡」の碑
10:46 馬池

織田信長と浅井長政で有名な
小谷城跡
でもあったが、
水が湧いている場所には
馬小屋を置くようだ。

10:54 「田龍王社」
この木が何とも重々しく
写真を撮らせて頂いた
・・・ので、少しばかりお賽銭を・・・

11:01 

やっと・・・山道・・・
実は、ここまで、ずう〜〜っと
・・・アスファルト・・・
ここまで来て身体が慣れたのか
やっと呼吸がラクになる。


11:06 頂上!585m。生憎の曇り空。晴れて見晴らしが良ければ熊野三山までも見えるという。ここで早い昼食タイム・・・と!「雷が鳴っとる。急いで降りんとアカン」おじさんが2人慌てて下る。
気になって・・でも雷じゃあなくて飛行機の音だと思うけど・・・?
でも、こうなると誰も落ち着かない!先導の方の言うことなど聞かなくなる。食べてスグ下り始めようとし始める。
迷いやすいとの事で、先導の方も急いで出発と相成った・・・

まあ・・・こういう空模様なので・・・

それまで、ずっとアスファルトだったので筋肉をほとんど使っていない。
なのに、いきなりの急な下り坂。運動靴を履いてきている人は、のきなみ滑って尻餅をついている。

逆に、こっちを登ってきたかったなあ。



11:52
こういう自然の洞穴を利用したような古墳が数多く見つかっているそうだ。
300とも聞いた。
12:07 12:19
12:23  不動の滝

12:34  櫛山古墳



12:35  「山の辺の道」
何と!「山の辺の道」はアスファルトばっかしだった!行けども行けども・・・アスファルト!これには参った・・・ 12:41 休憩・・・もう足の裏が・・・
ひえええ〜・・・状態だ。


13:00

たまに少しだけ土があるが、ほとんどがアスファルト・・・


13:20
  もう立ち寄る元気もない。


13:56  やっと少しだけ木陰。


14:16
石上神宮内で自由に歩き回っている。後ろのニワトリは小さくて動きがとても可愛い。お母さんはハラハラしてるみたいだ。

このあと天理駅に着いたのは15時を回っていた。今日は一日中アスファルトの上を歩き回った・・・

「山の辺の道」は本当に辛い・・・
憧れていたが、もう2度と歩きたくない。
こういう道ばかりではないのだろうが・・・もう憧れは砕かれた・・・ショ〜〜ック!



家の前の公園で。
私がタネをまいた。
何年かかったか忘れたが
咲いてくれて嬉しい!

ラスト・スパートで天理教の本部が。
姑が信心していて通っていた場所。

天理駅への道沿いにある漬物屋を見つけた。姑は、来れば必ず、ここで奈良漬けを買っていた。うちへも送ってくれたり・・・
姑が好きだったスイカの奈良漬けが店頭にあった。思わず買いに入った。
650円のを一袋買って・・・

性格が両極端の私達だった。本当に両極に位置するくらい。でも私は意見を言わなかったので姑は違いを全く知らずにいたハズだ。今思えば、かわいそうな事だ。
私は敬語でしか話さなかったし・・・姑には寂しい思いをさせたと思う。それが心残りだ。

なんで・・・今・・・いないんだろう?この奈良漬けを買っているのが何故私なんだろう?・・・と思ったら泣けてきた。

暑い暑い一日だった。こんなにアスファルトを歩くんなら来なかったのに〜!
と思うが、姑を懐かしめて、本当に良かった。
あの商店街を本当に一緒に歩いていたのかもしれない。


目次へ

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO