馬ノ鞍峰  2009.11.18.水


08:14
近鉄・大和八木駅前でヌプリさんを待っていたら・・
奈良交通の小型路線バスの新顔が♪急いで撮影♪
可愛いので乗ってみたい・・

10:06 入乃波温泉を更に奥まで・・2008.03.15以来の三の公だ。
山の神様の祠の前にある鳥居は新しく立派になっている。
あの時に「三の公」の磐余や、上には「隠し平」があると聞いて、興味津々なんである。更に「馬ノ鞍峰」に続くので、今日はそこまで登ってみたいのだ。
他の会社のツアーでよく見かけていたのだが「中級★」と表示があり申し込めなかったため、ヌプリさんにお願いしての山行となった。
しかし・・
11月5日の事件から2週間・・先日やっと普通の食事ができるようになったばかり・・今日は調子が悪ければ隠し平から引き返そうと心に決めスタートする。
(これが個人ツアーの良い所だ)
寒い・・冷える・・
天気予報で分かっていたので下着は樹氷見学用のにしてあるけど、冷える。

登り始めてスグ・・なんだ?この太腿は誰のだ?・・すっごい違和感。
重い重い・・★・・こんなんでは隠し平ですら難しいんじゃあないか?
一応、裏山も少し徘徊しておいたがザックを背負うと未だ抜けないダメージがよく分かる。
一週間の水便は54才(暮れには55だが)の身体には相当こたえたようだ。
10:26
明神滝や馬の鞍峰は直進やで〜という標識を見ながら・・
苔むして落ち葉が積もってて・・おまけに明け方までの雨のため濡れてツルッツルになった木の橋がいくつもいくつも・・





10:42









明神滝への分岐。

当然寄ります。スグ側ですからね〜。
この滝は陽が差せば必ず虹が出ます。
この時もヌプリさんはシッカリ目撃。後に続いて興奮しながら写真撮ってたニャアはタイミング悪く、拝むことができませんでした・・

この日の動画あり♪
10:53 水量が多くて離れていてもびしょ濡れになってしまいます。

第一、今日は更に上に行くのだからノンビリしていられません。
全部で5時間半と計算したのですが、今日の太腿ではどうなるか分かりませんから急がなくては・・

分岐に戻ってよく見ると「かくし平 1.5km」となっています。
かくし平までに、あと二つ大きな滝がありますが、きちんとした道がないし急な崖になっているので今日は行けません。
そうです「今日は」です。・・・「こんにちは」ではありませんよ。「きょうは」ですよ。
ヌプリさん、下に降りたいのですがね〜。特に最後の滝は降りられると思うんですがね〜。
11:28

「かくし平」というだけあって広い場所だった。水場もスグだし、ここなら御所ができるだろう。木は周りにいっぱいあるし。お墓も近くにあるらしいが、それはまた興味が湧いてからにしよう。

腹がへったがニャアは車の中ですでに食っているし、腹が重くなっては困るので?オヤツだけにする。

ヌプリさん、ここでカッパの上を着る。稜線は風が凄いので風よけだそうだ。
ニャアもフリースを脱いで着替える。
11:44 この辺りになると情けない状態の太腿も、なんとか起き出してきたようである。
なんとか上まで持ちそうだ。行ってみよう。

稜線までは30分。これが急登なんだそうだ。
ヌプリさんがワザワザ言うんだから・・そうなんだろう・・そうだった・・
「これ、下れるんやろか?他で★がつく理由はこれやな〜」と思う急登だった。

稜線に出てからでも一時間かかるようだ。
11:45
お墓への案内があった。
こちらから行く方が分かりやすいかも?
かくし平から見渡した時は、だだっ広くて??だったが・・ふと・・登ってみたくなる。
ケンポナシの実・・梨のように甘い?・・
12:09
落ち葉いっぱいの「踏ん張ったら滑り落ちる」急登を何とか落ちることなく上り詰め・・稜線に出た。
とたんにもの凄い風っ
★冷たい風っ★フードを被らないと耳が切れるっ★

面白い樹々が歓迎してくれる。

左の木が右の木の顔にラリアットをかましてるのかと思ったが・・
うっかり枝を伸ばしてしまい、右の木に食いちぎられたようにも見える。

12:26 大台は今日も白くなってるっ♪

あっちにも行きたかった・・
12:32
知恵の輪状態・・ふたつだけが絡んでいるのかと思ったら、もう一つの木が大きな樹の根を押さえている。これが案外助けになっているかも?
三人ともこれからも助け合っておくれ〜♪
12;48
馬の鞍峰、頂上である。

「着いたど〜っ♪」

名前の通り、馬の鞍みたいな尾根だった。頂上も狭い。
右の方に「山の神の頭」と標識がある。
カサブランカさんが言うてたのはこれやな〜♪

頂上は狭いし、風が当たるので、ここで昼食♪腹ぺこだあ〜♪

風は当たらないと言っても気温は低いっ★早食いになる。

早々に下山開始。・・・あそこを下るのかあ〜・・・
13:39 ここから激下り・・でも心配したほどの事はなかった。
思ったより下りやすい。

でもさ〜なにしろ筋肉が落ちてヘロヘロの太腿・・
13:52






激下り終点。ここから平坦になる。

すると・・太腿内側の筋肉が下り用に固定されていたのか、ほんの僅かな上りで固まってしまった。5分ほど休憩。

最近、固まる事が多い。特にPCしているとき。右の足首が固まってしまい、向きを変えただけで捻挫したかと思うような状態になる。5分ほど待てば治まるけど否応なくトシを感じさせて下さる。
14:15

かくし平に戻ってきた。

今度は滑りやすい木の橋が続く。

14:41
ヌプリさん、濡れた落ち葉を狙うが
「色がイマイチですねえ・・」
そこで・・じゃんっ♪
尾根で拾ってきた真紅のモミジをポッケから出す!置いてみると素晴らしくいい♪
「他の葉っぱが邪魔ですねえ」と、除けてしまう
「乾いてますねえ」
・・濡らす・・おおっ♪・・
「コレや〜〜♪これこれ♪」

・・でも今度は実際の色より劣って写る・・

14:49 明神滝への分岐まで降りてきた。

15:18
下の方に魅惑的なものが見える・・
行ってみたい・・
15:19



降りてきた〜〜♪

5時間半の予想だったけど思ったより早かった。
太腿が元に戻ったら、もう少しウロウロしても大丈夫だな〜♪
滝へ降りられるな〜♪

ええ山やった〜♪〜楽しい一日やったわ〜♪
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO