奈良・小峠峠

ヌプリ・ツアー  2009.11.03.火(祝)

今日は予定では芦生へ巨木と愛を語る予定だった。
でも天気予報は雨。近畿北部から崩れてくる。山間部は雪。
前線には雷雲も・・で!晴れ予報の近畿南部へ向かうことになった。

今日はmityannの歩こう会の仲間が一緒だ。
一応・・だっちゃんとでも命名しよう(理由はナシ)

進むに従って車の窓ガラスが曇ってくる
「ニャアは今日、アイゼン持ってきたよ!」
「ええっ★アイゼンっ★なんでまた!?」
全員の反応に
「だ〜って山間部は雪が降るかもしれへんやん!」
「南は大丈夫ですよ〜」
みんなに大笑いされた・・
まあ、南は晴れ予報だったからなあ・・
8:59 「ヌプリさん、ガスってるんですかねえ?」
「ホントですね。霧氷はできてますよ」

・・なんて話していたが・・

「いや・・本当に積もってますね。雪ですね・・・」
「でしょ!!でしょ!!雪でしょ!!」
これからの季節、慎重さが大切なのだっ★
9:13 大台ヶ原への林道はチェーンがないと通行できない。
パトカーが出て指示を出している。
周囲には立ち往生しているのか、巻いているのか、車が何台か止まっている。
9:34 上北温泉でトイレ休憩。
この頃には晴れ間がのぞき、少し安心できるようになった。
9:53
前鬼口も近くなった「水尻」というバス停から登る。

ここで身支度を整える・・さぶいっ★・・寒いっ★・・そらそうだなあ・・
高い山は雪が積もってるんだ。
吹き下ろす風が冷たいのは当たり前だ。
仕方なくスパッツも履き込む。









10:56
いつもより時間をかけ、用意をする。準備運動も。

スタートしてすぐ、墓地に入ってしまうが、すぐに引き返す
「お騒がせ致しました」と、挨拶して先へ進む。

急登をゆっくり登る。いつもなら上りは汗が出るが・・この日は汗が出るどころか・・寒いっ★少し走りまわりたい気分である。
ヌプリさんは寒すぎるからと上に着込んでしまった。

向かいには雪を抱いた山が・・ますます寒くなる・・





11:01
こっこさんが「海老フライ!」と発見♪
少し揚がりすぎてはいるが、立派な海老フライに感動する。
すぐに675m峰に着く。
12:00




ダムが見えてきた!ここからの景色は素晴らしい!!
滑り落ちそうな斜面を踏ん張ってシャッターを切る。
下りではボートも見えた。

今日は砂地のような急斜面が続くので、下りに小枝でも踏んづけると危ないから、横へかき分けながら登る。ストックで除けられるのはいいが、無理なら手でのける。

いや〜〜っ・・・
積もっておられますよ・・
しっかりと・・
12:34 高い山は雪やな〜なんて言うてたら・・あらら・・ここも降ってたのね・・
溶けただけなのね・・
相変わらず寒いが、この辺りになると風が吹き抜けなくなったので、丁度良い具合だ。
12:50




小峠山・頂上(1100m)に到着〜〜!
ここで昼食タイム♪

え?前鬼橋?そっちへ行くと前鬼橋に??
・・と・・わくわくして覗き込むが「道」はなく、急な斜面が広がるだけだった。

食事をすませるとヌプリさんが、ブラリと奥へ・・今夜はキジ鍋か?・・と・・思いきや
大日岳・釈迦ヶ岳・・わあ〜おっ♪前鬼の里だあ!

釈迦ヶ岳は生憎、頂上は雲の中。

大画面でどうぞ!!雲の流れもいいものですよ〜♪

全部で40分近くを頂上で過ごし、さて・・下山。
13:52 ダムを見下ろしながら、輝くススキに見とれていた。
15:30



下山終了!

のんびりと歩いた一日だった。

初雪も紅葉の向こうに見ることができたし、大満足である。
帰りに立ち寄った上北の道の駅で上北山村・自然体験ウオークのバスが止まっていた。見ると役場の方が!!聞くと
和佐又・笙の窟へのイベントだったが、和佐又が5cmの積雪のため変更だったそうだ。


山は雪を抱いたまま夜の冷え込みが訪れていた。
明日も消えないかも・・
実際、5日(木)の上北山村のイベントで一部ルート変更になったほど、雪は残っていた。
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO