台高・ 山の神の頭 (ヌ)

2009.12.17.木



8:00
大和八木8:00集合・・が・・5分ほど前にヌプリさんから電話が入る。また渋滞かなあ?・・と、思いきや・・
「あの〜すみませんが〜ボク、9時集合と間違えて・・どっか暖かいところで待ってて下さい〜」・・(真っ青の声色)
どっヒョー★・・・そ・・そんなあ・・いくら「隙間ツアー」(業界用語)とはいえ・・
「ヌプリさん、このツケは大きいですよ」・・(怒りの赤)
「はい!はい!もちろん」

まあ・・すぐそばに喫茶店があるので・・うう・・コーヒー代を請求してやるぅ〜〜★
タバコの煙がモウモウとした店内でも、今朝のこの冷え込みをしのげる天国である。モーニングもあったがコーヒーのみにした・・うげっ★同じ¥やんけっ★・・でもまあ〜いいや〜パン欲しくないしぃ〜・・

時間は過ぎていき・・8:45・・もしかして・・9時にも間に合わんのんと違ぅやろか?もしもそうなら・・
先に支払いをすませて飛び出し準備完了★・・・8:55・・・
「すみません!いま着きましたっ!」
9:00 9時を過ぎてからやっと八木駅から離れる・・
ぐっちぃさんに言いつけてやるっ★

10:54 現地到着っ♪

・・あとで分かったんだけど・・「川向こうの森へは入ったらあきまへん」
という立て札が・・おまけに・・熊が結構出るんだと・・あとで知ったよ〜

ここで事件発生★
こっこさんが耳当てを喫茶店に忘れてきてしまったのだっ★
「え〜忘れ物ですか?」
「そうですよ〜喫茶店にっ★」
「あっ★」
しっかりした橋なので安心だ。
10:56 建物の向こうに見える橋を渡って急登。
12:12 幅も狭く、木の根がはびこる、足場の悪い急登が続く。
トラバースも結構なものだ。

スタート時には寝ていた身体が一気に起きる快感。
でも・・ここを下るのは嫌だな。

そのうち、大きな洞窟が現れる♪とてもカメラに収まらない。
下にヌプリさんが立っているのが見えるだろうか?
とにかくデカイ。和佐又の笙の窟を思い出す。

神様のおうちかなあ?熊のねぐらかなあ?
今にも熊が現れそうな雰囲気。
途中で「パーン」・・と・・大きな音が響き渡る・・もしかして・・

「鉄砲の音ですね」
12:18 朝からパラパラと降っていた雪が、高度が上がると白く積もっている。
霜柱も凍っているのか、足もとが固い。
これ以上凍ると下りが大変だなあ・・
12:27 ここから下ろうと思っていたけど・・なるほど・・禁止になっている。
掲示板仲間&ブログ仲間の情報通りだなあ〜。

・・と・・なると・・ピストンかあ・・
まだまだ急登は続く・・まあ〜・・台高だからね・・

こっこさんがカッパを着ているのは寒さ対策。
12:35 「クマ多発地帯」・・の・・テープが・・

多発?・・・多く発生する?・・・ここの熊は多産系なのか?
さすが女性の神・山の神の頭・・・

いやいや・・「出没多し」やろっ★

・・と・・大阪在住の性・・突っ込んでしまう。
13:10 急斜面を直登するとき、前を行く二人の足跡が重なっている上を踏み込むと・・・滑るっ★・・・気温も低いので凍ってしまってます★
重ならないように滑り跡も踏まないように・・進みます。
13:27 直登したり、トラバースしたり・・着きました!

山の神の頭♪(1099m)

あと1mあればキリが良かったのに・・
寒いので、あまり長くはいられません。
それに・・スタートが一時間遅れているので・・(ヌプリさん、チクリ・・笑!)

でも〜これを下っていくんですよね・・ニャアはアイゼンの他に滑り止めも持っています。できれば装着したいけど・・まあ・・それほど滑るようでもないので・・でも・・当然の如くヘッピリ腰に・・
「みけさん〜どうしたんですか〜馬ノ鞍峰では感心したのに〜」
「あの時は雪が積もってなかったでしょ〜!」
「あんた、一枚岩の時(高御位山)もやったなあ〜ほんまにへっぴり腰やもんなあ!」


そんなこんなしてるとスグに雪がなくなった。
白くはなっていても凍っていない。堅さが違う。
やっと肩の力を抜く。・・・脱臼持ちは大変なのである・・・

14:09 谷沿いへの分岐(立ち入り禁止)まで降りてきた。

「ここから、あの急な下りやわ〜怖いなあ〜」
「いや、どっちゅう事あらへん!凍っていなけりゃ平気や!」
「〜大爆笑!〜」
15:22 降りてきました〜5時に閉まってしまう温泉にも間に合いそうです。
よく見ると、上等のパンと天津甘栗がお供えしてあります。
(朝の写真にもバッチリ写っていました)
信者さんか、少し下の工事の人か・・はたまた鉄砲打ちの人か・・が、供えたのだろうか?

微笑ましくもあり・・「コレ目当てに熊が出没するんと違ぅんかい?」
15:51 五色湯着。
ここは茶色い温泉で、ニャアのお気に入りであるっ♪
馬ノ鞍峰の時も寄りたかったけど・・・これを見ると冬季日程で休みだったようだ
入り口の前に、こんな石が置いてある。

ここはカルシウムが多く含まれるためか、素晴らしい結晶?となるので、それを剥がしたもののようだ(こっこさん閃く)

「湯がぬるいから、ゆっくりつかって下さいね」


本当にぬるい・・暫くしないと暖まった感じがしない。
「いくらエエと言っても、ヌプリさん出るの早いから悪いなあ」
「いやいや!今日は、どれだけ待たせても平気や」

またまた朝のネタで笑い合う。隣からクシャミが聞こえるかと思った(笑!)


さて・・大和八木へ着いた・・・
「忘れ物ないかな〜?」と、車の中を点検
「大丈夫や。忘れ物なんてない」

そして朝の喫茶店に♪・・ありましたっ♪
「追いかけたけど、見あたらなくて」・・店員さん、ありがとう♪

めでたしめでたし・・

家に帰ってからメールが・・
「車の中に忘れ物した〜★」

最後までなんやかやとあった楽しい一日でしたっ♪

トップヘ
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO