子ノ泊山と蛇崩山 (湯泉地温泉泊)

一日目:子ノ泊山 2010.03.11.木

山岳ガイド
ヌプリさん
前回、雨で行き先を変更した子ノ泊山へ足慣らしに登り、
翌日、念願の蛇崩山へ♪という、わくわく企画。
大和八木に8:30集合し、一路、子ノ泊山へ・・

途中、和佐又附近では周囲が雪景色・・少々不安になる。
トンネルを越えると少なくなってきたのでホっとする。

一路・・子ノ泊山へ・・ん?・・通行止め?・・げげっ★・・今から一時間は作業のために通行止め??・・しょっぱなから暗雲がたちこめているような・・

迂回するも・・ヌプリさん、右へ行かないといけないのに左へ・・
引き返し、風伝峠を右手に見ながら一路・・あれ?・・またまた引き返し・・あれ?
「道がないんですよ・・」




12:33
どうやら・・には来て欲しくないようである・・
前回の雨といい、今回の「道隠し??」といい・・
食う気はないのになあ〜よほど猫がお嫌らしい(笑!)

やっと子ノ泊山登山口に着く。割と広い駐車場だ。
もう昼を過ぎているので車の中で食べる。




13:10












邪魔になりそうなのでストックは収納したまま、見上げるような急な坂を「よいしょ・・」と登り始める。

(登り始めると・・さほどでもないなあ・・)

前日まで天気が悪く、南部は雷予報もでるくらいだったためか、ツララがアチコチで見かけられた。
中には完全犯罪用のまで用意されていた。

武器が見えるかなあ?

13:55 ここから尾根歩き。
14:19 おおっ★・・カネゴンや〜♪
14:22
なんと・・ハデな頂上である・・

「12年後、またこの場所であいましょう」
・・そうか・・子年にはおいでよ〜ってことか。
鬼太郎ポストみたいな所には名簿まで置いてある。すごい!

バイカオウレンがひっそりと咲いていた。
(名前は家に帰ってから思いだした)

頂上からの眺めは素晴らしいっ♪
海は見えるし、山も・・白いなあ・・
昨日、8チャンネルで片平さんが「夜半も南部は雪」って言ってたもんなあ・・
明日・・大丈夫やろか?
「大丈夫ですよ。気温も上がるし溶けますって」

そうかなあ?どう考えても上はゼロかマイナスのような・・

15〜20分ほど楽しみ、下山。

15:55 車まで戻ってきた。
16:20 急に轟音を立てて・・滝が現れる♪

「飛雪(ひせつ)の滝」

車を降りて下まで行ってみる。
ものすごい水量で、ここまで近づくと小雨状態で濡れてしまう。
夏など、お弁当を食べるのに最高やろな〜♪

さて・・宿へ・・あれ?対岸をパトカーやら救急車やら・・何台も・・
「・・今から・・あっちへ行くんですけどねえ・・」
しばらくいくと・・案の定・・渋滞・・動きそうにない。
反対車線からは一台も来ないからふさがっているようだ。
じっと乗っているのもなんだから、情報収集に出かける。

どうやら乗用車とトラックが正面衝突したようだ。

更に現場の方へ向かうと、車に戻ってくる若い男性二人。
「乗用車がトラックの下に入り込んで救助に手間取ったみたいですけど、今、救助されたのでまもなく通りますよ」
と教えてもらっている時、救急車が戻ってきた。
17:11 ヌプリさんの車に戻り、少しずつ進み始めた頃、地元のTVさん?が歩いてやってきた。
もうすでに動き始めたので汗だくになって小走りに・・

←走るカメラとレポーター?

みなさん無事ですように・・
18:00過 宿(湯泉地温泉・ゆのやど・かたやま)へ着いたらもう18:00を過ぎていた。

宿は改装したてのようで、とてもキレイだ♪
すみずみまで気配りされていて雰囲気は最高である。

お湯はイオウの香が素晴らしくいい♪かけながし♪

食事は野菜中心で、素朴だが味も良く、ごはんも美味しいし、満足♪満足♪

さて・・明日は6時に駐車場★早く寝なければ・・
翌日・・蛇崩山へ続く
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO