奈良交通HP
「奈交バスハイク」へ
天狗倉山〜高城山 2010.07.31.土

奈良交通バスハイク
地図


9:47
天川村の役場でトイレをお借りし、地元のお弁当を積み込み・・
オート・キャンプ・あしの瀬近くで下車。
ここはバスを止めていられないので、役場でのトイレ休憩の時に用意万端整えておいた。

今日のために吉野営業所の皆さんは、猟師の方々に付き添ってもらい、道を整備して下さっていた。
「猟師さんは足が速いんですよ〜とてもついて行けませんわ〜」
と、所長さん。
役場もそうだが、実に涼しい。
扇風機すら要らないんじゃあないか?と思えるほど涼しい。
登り始めると汗もかくが、もともと空気が冷やっこいので気持ちがいい。
でも〜・・「暑いっ!!」と言っておられる方も・・
どうやら・・住んでいる所の違いのようだ・・

キャンプ場の賑やかさが聞こえてくる中、フカフカの絨毯を踏みしめて登っていく。
どうせ山は貸し切りだ♪
10:01 すぐに「花折地蔵」に着く。立派なお社だ。

花を折って供えたことから「花折地蔵」。
全国にも多い名前だそうだ。
10:07 このお社に向かって右にある踏み跡を登っていく。

今日のコースは、ヤブだらけで道がなかったのを整備して下さっているので「道」という感じではない。もっとも、我々が歩き回ったので「道」になったと思うが・・
10:33 こっこさん「エビフライ」を見つける!

松ぼっくりをリスがかじったあとなんである。

こっこさんは道を覚えることはできないが「収穫物」や「糞」には驚異的な動体視力を発揮する。遭難はするが生き続けて生還するタイプだと思うぞ★
10:44
11:29 キノコ発見♪
水滴だかヨダレだかを垂らしているキノコ・・これ・・裏山のと同じ種類かなあ?

よく見ると・・これはユニコーンの一部だった♪
11:43 急に目の前が開ける!!素晴らしい眺め!!
もっと右の方には稲村ケ岳が見えるという。
見える場所まで移動しようとしたら「どうせ後で行くからね〜」

昼食タイムである〜♪・・役場で積み込んだお弁当は「目張り寿司」だった♪

植林したばかりの時は年に3回(だっけ?4回だっけ?)は下草を刈らないといけない。
少し背が伸びてからは年に2回・・大きくなる毎に楽にはなるが、それでも7〜8年は毎年下草刈りだという。下草の方が生命力が断然強いので、植えた木が育たないのだそうだ。
この眼前に広がる壮大な景色は、これからも数年、刈り続けられる。
樹が大きくなって葉で地面が隠れるようになると、やっと下草刈りから解放される。
地面に当たる光の量が減って、下草が育たなくなるからである。

眺めたくらいでは分からないが、斜面は激しく急なので、草刈りの途中、転んだり滑ったりして草刈り器で大けがしたり亡くなった方まであるそうな・・

※作業中の方が分かるだろうか?※

12:16 移動を始めると角度が変わり、また違った様子になる。

なんと!稲村ケ岳〜バリゴヤの頭まで見えてくる!

作業されている所は・・こんなに急なのだ・・
12:29 作業用の車が・・四駆である。
でも〜四駆でも上り下りできるんかいな?・・というくらいの傾斜である。
ここ・・うっかりすると滑り落ちてしまいそう・・

また、作業道が多いので「歩きやすそうなメインの道」誘惑の魔の手が・・
気が付けば・・「あ・・しまった・・村に下りちゃった・・」ということになる。
13:18 やっと・・天狗倉山♪(1061m)

見晴らしは悪い!(笑!)さっきの所で満喫しておくこと。
13:46 進行方向に高城山が見えてくる

でも〜手前のじゃなくて〜奥のがそうだよ〜
何だか・・妙な枝・・?
もともとの木に張り付いたようなボンボン・・
13:50
切り倒されているのは・・
しいたけの原木を取ったあと?
これ拾って帰って菌を植え付けたら、椎茸が出来るよ〜♪

ここから高城山への最後の急登が始まる
14:44






高城山(1111m)

「さあ〜ここからは下りですよ〜。ストックを長くしておいて下さい〜」

ホントに急な下りが延々と続く・・人があまり通らないのでフカフカの絨毯だが、滑るし崩れる。前の人達が滑ると、むき出しになった地面は粘土質なので、同じ所は通れない。
途中で見つけた、でっかいキノコ♪
これは撮影しなきゃ♪

15:34 ゴールの林道が見えた!
この林道を挟んで向かい側が「武士ケ峰」だ。ここも行きたいんじゃ〜〜っ♪
吉野営業所さん、よろしくお願いします〜〜っ♪

本当は、ここにバスが待機するはずだったが、途中で崩落があり、下の方で待機となった。普通車は通れるので、バテた方のために待っててくれた。
年配の方が乗りこむ。まだ席が空いていたので、所長が
「他に疲れた方ありませんか〜?」
「はい〜〜っ♪」・・と・・手を挙げると・・大笑いされてしまった・・乗りたいのに・・
下りてきたところを振り返れば・・「天狗倉山」への道しるべがある・・

こっちからのピストンがメインなんだろうか?
15:40 こお〜〜んなキノコが斜面一面に・・♪
16:02 冷たい〜〜水がジャンジャンと〜〜♪
首にかけているタオルを濡らしす♪
あ〜〜♪〜〜至福の瞬間〜〜♪

・・あれ?・・また車が来た・・
「誰か乗りませんか〜?」
新たに誰かいないか戻ってきてくれたのだ。でも〜誰もいない〜皆、知らん顔・・
「乗りますっ♪乗せて〜〜♪」
こっこさんと乗り込む。
あ〜嬉しいなあ〜メチャ得した〜〜♪
16:08 ご〜〜る♪
途中、結構長い距離だった!
のんびりノタクラ歩いていた私達はビックリした。
「まだこんなにあったんや!」

お弁当やペットボトルをザックから出したり、帰りの用意をしていると、次第にゴールが増えてきた。
今日のお風呂は「みずはの湯」

たしか・・天川村の入浴回数券に「天の川温泉・洞川温泉・みずはの湯」共通券って書いてなかったっけ?

ここは薬草風呂♪ハーブ・サウナからはニャアの大好きな薬草の香りが・・

露天風呂は、迫ってくる山肌が眼前にそびえ、最高♪

でも〜立ち上がってウロウロキョロキョロしていると・・下の渓谷で釣りをしている人に見られるかも〜よっ★

・・はい・・珍しがって歩き回ってましたっ・・

・・はい・・ふと・・釣り竿に気が付いて・・見下ろすと・・

げげげげげっっ★・・でした・・

※普通では見えませんのでご安心下さいませ※

トップ 

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO