@屯鶴峯〜葛城山
A葛城山〜金剛山
B金剛山〜紀見峠
ごりさんと行く ダイトレ 4回目

紀見峠〜岩湧山〜滝畑
ごりさん  ひっきーさん 笑顔さん みけ
地図


9:13
今回は久しぶりの「ひっきーさん」も参加
4人での賑やかな一日となった♪

南海・紀見峠駅。
何度か利用した紀見荘が見える。
山々は紅葉が美しく、2度目の紅葉シーズンのようで得した気分になる

降り立ってみると思っていた以上に暖かい。晴れているので気温は更に上がっていくだろう。上着を置いてくれば良かったと反省。
9:22 「根古川」の標識が懐かしい。


「さあ〜ここから急登ですよ〜。一枚脱いでおいた方がいいですよ〜ストックは短くしておいて下さい〜」

え?いったい・・どこを歩くんですか?

「同じ道を歩いても面白くないでしょ〜♪」
・・・ん?・・・あそこに見えるはゲート??・・・


「ヤブコギ♪ですよ〜♪」
・・・なるほど・・・(実際はもっとヤブ)

※注※

絶対に行ったらダメです。遭難します。道なんか分かりません。
これは「ヌシ」であるだから通れるのです。踏み跡を見て行くと全く違う方に出たりします。
9:53 「←峠」と書かれたテープが♪

紀見峠までもう少し。
ここからはヤブはないので歩きやすい。
10:00 下からの道路と合流〜♪〜左へ〜
10:01
前回、写真を撮った場所〜♪
さあ〜左へ入りますよぉ〜♪
ここからは標識もあるので、あとはひたすら歩くだけ〜★

ここから地図上では5時間弱。
滝畑を16時台のバスに乗らないといけないので、頑張るぞぉ〜★
10:30 天見駅(棒谷林道)への分岐点
10:41
紀見峠は標高400mと書かれてあった・・
今・・423m・・

「ボ谷ノ池423m」


「まだ23mしか登ってないって〜?」

・・・・・・・・・・・・・
10:48 無事、下山できますように。
バスに間に合いますように。
遅れそうだったらバスを足止めして下さい・・
10:58 大きな鉄塔★見上げると目を回しそうである。

このあと・・急な階段が延々と続く・・上を見ると嫌になるので足もとだけ見て黙々と足を運ぶ。
11:21
三合目♪

時間通りである。

「岩湧山山頂まで4.5km?」

「げっ★まだそんなにあるの?」
11:33 懐かしい根古峰

男性群は、すぐに行ってこれるけど、脚力に不安があるニャアがいるし、バスの時間があるので、立ち止まっただけで先へ急ぐ。
11:48



南葛城山への分岐。

以前、ごりさんが「南葛城山は距離が長いですよ〜」と言ってた。
日記をつけているいま、改めて地図を見ると・・確かに・・長い・・大変だ。
でも、いつか行きたいなあ〜
12:01 五ツ辻(754m)・・・あと標高150m登るのねん・・・

地図ではハッキリしないけど、ここは大きな交差点。
12:23 途中、河内長野の町並みと、三色が織りなす紅葉を見下ろせる場所で、しばし興奮♪

「きゅうさかの道→」岩湧寺へ降りていく道。

わざわざ断るくらいだから、本当に急なんだろうな・・興味あるけど・・笑!
12:38 途中でトイレ休憩。
この時、ニャアは内側の両太腿にシップを貼る。
一ヶ月前の胃腸風邪(一週間もとまらなかった)以来、太腿に違和感があるのだ。(人に聞くと・・・老化現象だそうだ・・・怒★)
朝から少しピリピリしているので、念のために貼った。
これが大正解で、あとは全く違和感なく過ごせた。

さあ〜岩湧山山頂である♪

地図のコースタイムと比べ20分は早く着いた。
これで安心して昼食をとれる。

先に着いていた若いグループが、なぜかこっちを見て話している。
なんだろう?
露骨に見ながら、こちらの事を話題にしている風である。

「なんやろなあ?」
「うちら、そんなに有名なんやろか?」
「美男美女やからTVの撮影と思ってるんとちゃうか?(^▽^)
「ひっきーさん、横顔が三浦雄一郎に似てるからなあ」
「あ!ほんまや!ほんまや!似てる似てる!」

などと、こちらも盛りあがりながら昼食の用意。
ひっきーさんは「鍋焼てんぷらうどん」と、豪華だ♪
「おいしそうやなあ〜」
「一本50円ですよ」

・・・出てくる出てくる・・・
ニャアを除いて、お三人方は皆それぞれ焼酎を持ってきていた。
ひっきーさんはお湯割りにするため「大阪のおいしい水」まで持参。
しかも焼酎は「たまたま」(だっけ?)という銘柄で、何と瓶入りである!
おつまみも山ほど出てきた・・
そういえば・・
「次回は温泉とかないので頂上でイッパイやりましょう」
と、ごりさんが言ってたっけ・・

ニャアは自分の事だけで精一杯なので持ってこなかった。
皆さんの足を引っ張らないようにすることが最優先事項なのだ★
なあ〜んて屁理屈つけながら、当然の如く・・おこぼれを頂戴する♪

へえ〜っへっへっへ・・

・・・まわってきちゃった・・・

笑顔さんは耳が真っ赤である。
ニャアは眠くなってきた〜♪
13:48 ・・・気が付けば・・・もう誰もいない・・・数組いたはずなのに・・・
げっ★一時間以上騒いでいたのか〜(^▽^;)〜

おお〜っ★〜バスは大丈夫か?
地図の時間によれば、あと・・一時間40分はかかる。

何だかフワフワするので急ぐわけにもいかない・・
ま・・イザとなったら最終で?・・と、気楽に?上機嫌で?帰路につく
14:09
14:50
「カギザコ」
どう考えてもダイトレは前進・・みたいな分岐。
ちゃうで〜右へ降りないとアカンで〜

ここからは、向かいの山の紅葉が見える贅沢な眺めである。
もう終わりかけているのに迫力があった。
15:06 酔っているので、ゆっくり下ったが、時間通りに歩けているようである。
良かった良かった♪

ここを左へ下れば、滝畑の有料駐車場のトイレ横へ出る。

もう安心♪バスに間に合う。


15:33
降りてきたとき写真を撮るのを忘れた・・ゴ〜ルの時間が分からない。
ごりさんと、ひっきーさんに聞くと15:10くらいだったそうだ。

トイレで下着を替えたり、残っていたご馳走を更に頂いたり、荷造りしていると20分ほど過ごしたようだ。なにしろバスの時間まで一時間はあるのだ。
え?一時間?・・マジメに歩けば14時のに間に合ったって事?(^▽^;)

さあ〜バス停まで移動ですよ〜♪
あ・・そうだ・・追伸♪

話が盛りあがり、お菓子や柿などに食らいついていた時・・
一台の乗用車が凄い勢いでこっちにやってくるっ★
・・突っ込まれるかと思った・・
ニャアのすぐ横に・・キキキーっ★・・と、止め、慌てて飛び出し・・トイレへ走っていく・・
ああ・・可愛そうに・・よっぽどガマンしていたんだな・・間に合えばいいけど・・

すると・・すぐに笑顔で出てくる・・
どうやら先ほど忘れていった物があったらしく、それを手にニコニコと帰っていった
15:40 一応、まだダイトレが続いているのだ。
次回は滝畑バス停から真っ直ぐ施福寺へ行くので、道路沿いではなく民家の中を通って行く。
15:46 次回はここから入っていく〜♪
見覚えのある橋♪

西国札所巡り(てくてく西国札所)をしたときに、施福寺からここへ出て渡った橋だ♪私がここを渡っているのを見て、(誰も客が乗っていなかった事もあり)運転手さんが待っていてくれたのだった。懐かしいなあ〜♪
随分前のような気がしていたが・・3年前だったのか・・

バス停に着くと・・ポツ・・・ポツ・・・雨が落ちてきた。
バツグンのタイミングだったな〜♪
「私がいたから晴れたんですよ」
「はいはい」

16:20くらいだったかな?コミュニティーバスがきた。

河内長野の駅まで、ウトウトと気持ちよく昼寝をし、駅に着いたら、ちょうど急行が入ってきた。ラッキー♪

傘をさすことなく家につけたので最高♪
今日は途中から降ると覚悟していたのでよけい嬉しい♪

ごりさん、ひっきーさん、笑顔さん、今日も一日ありがと〜〜♪
メチャ楽しかったよ〜〜♪

また遊んでね〜〜〜♪


トップヘ   HP目次へ
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO