ごりさんと行く ダイトレ 2回目

大和葛城山〜水越峠〜金剛山〜伏見道 2009.07.15.水

近鉄・阿部野橋駅
7:50発吉野行急行
尺土で乗り換え。
バスで葛城山のロープウエイ乗り場へ

今日のコース地図

本日の予定は・・
大和葛城山を麓から登り〜水越峠〜金剛山〜伏見道〜かもしかの湯
地図の表示では8時間。
炎天下の中・・8時間・・でも、これ歩き通せば(スタートしたら通すしかないんやけど)メッチャ自信になるなあ・・
密かに燃えてはいたが・・自信ありまっせん!

それを見透かしたように、隊長のごりさん
「今日はゴンドラで上まで登りましょう!」
ごりさんにとっては余裕だけど、前回こむら返りを起こしたニャアの事もあるからだろう。
「わあ〜いっ♪」
笑顔さんと大喜びである♪これで今日は6時間になった★
9:19 ロープウエイを降りたら9:19。

ここからトイレのあるところまで行き、準備♪

初めてココに来たときから気になっている、金剛山へ向かう途中の「水越峠」。今日は行けるのね〜〜わくわく♪

最初の予定は土日・バスで「水越峠」下車。デンボ谷を登る。だったが日程が合わなくて今日・平日となったため、ゴンドラで・・と相成ったワケでもある。次回、是非!是非!この「デンボ谷」を登りたいっ♪ごりさん♪お願いっ♪
9:34 スタートしたのは9:30くらいだっけ?

ツツジ園から金剛山を望む。開花時は燃える火の向こうに新緑の金剛山が見える。またその時期に来よう〜♪
さあ〜ここから下りまっせ〜〜★

下りは変哲もないようなカンジから始まったけど、そのうち滑りやすい箇所・幅の広い階段なども現れ、何より50分も下り続けるので、筋肉に疲れが出る。一気に降りすぎて膝を痛めないようにしないと・・ごりさんの絶妙なペース配分で割と楽だったが、それでも峠の頃には、膝が少し笑いかけた。
10:08 裏山で集団発生している真っ赤なキノコや茶色くてデカイのやら・・ここにもあるんや〜〜と思いながら・・下る・・下る・・

さっきは目線にあった金剛山も、すでに見上げるようになって・・
10:21
水越峠

ここには車が数台、駐車してあった。
ここからしばらくは林道歩き






10:37 こぉ〜〜んなカンジの林道が続く(ガンドガコバ林道)・・あづい・・

笑顔さんが急に立ち止まって「何〜これ〜ヘビやないし〜」
姿はミミズやけど・・真っ黒で金属チック・・・
10:54 水場。冷たくて気持ちがいい〜〜〜っ♪

身体も拭くと最高♪今日は何とか体温を下げるようにしないと・・
11:03
カヤンボ

標識には
モミジ谷→
カヤンボ谷→

と、赤いペンで書かれてある

少し行くと道が分かれるようだ。


我々は橋を渡って行く。
11:20
一回目に続いて今日も「ハッキリ♪クッキリ♪」である♪

風が通って涼しく、また展望に、しばし気持ちも身体も休まる。

冷たい物も食べて身体の中から冷やす
11:39 町石?だっけ?
12:04
高天への分岐。

郵便道。
12:08
葛木神社が見えるところへ飛び出した♪
いつもの見知った場所なのでホっとする

一の鳥居である♪
せっかくなので三角点のある場所まで行くことにする。

メインの道から少しだけ横に入る。

これがさ・・結構・・キツイ登りなんだよな・・アスファルトだしさ・・
12:17
12:30
府民の森・ちはや園地
大阪府・最高点 1053m


金剛山も熟知してる、ごりさんは、この最高点に裏側から到達♪

ここは展望台からスグの所。縦走してみれば、この標識が。紅葉の美しい知ってる場所に出た。
12:36
ご覧の通り晴れわたった空!
今日はこれでも梅雨の中・・夕方から雨かも?といおう予報も出ている。

ここで昼食タイム♪近くにトイレも水道もあるので最高の場所だ。

結構ゆっくりした〜♪〜30分ほど、のんびりしたようだ。
13:08 さて・・いよいよ・・新しいコースで下る。
まずはダイトレを先に進み・・
13:10 あれ?ここは・・
以前、念仏坂から降りたときに気になりながら通り過ぎた分岐では!

「ここから降りるんですよ〜一応、次回のスタート地点まで行きます」
13:11
おお〜!突き当たり!右へ行けば念仏坂!ロープウエイの乗り場・そしてバス乗り場へと続く・・

「この坂、一度降りたことがあるんですけど、もう二度と降りたくないって思ったんですぅ〜」
「でしょ!?次回はここからスタートになるけど、この坂はイヤだから他を考えますよ」
13:12 さて・・少しだけ引き返し・・いよいよ!伏見道へ!!

この道は谷道で、しかも廃れてしまっている。
ごりさん、落ちている枝を手に取り、ヘビ対策。
この日は出なかったけど、湿度が高かったり雨の後だったりすると出そうである。
13:17
右手の土手のような所にあるテープの標識。今日は左の伏見へ下りる。

赤いテープには「石寺→」
黄色いテープには・・
葛城二十八宿への道
第  十経塚(石寺の経塚)
佐味特設消防団


石寺跡の経塚は見たいなあ・・

ひたすら下る。足もとはフカフカだが、荒れた道。足もとに気を付けないと・・

そして・・谷になっているので・・風が全くない★
汗がしたたり落ちる。
狭い谷道、なかなか休憩の場所がない。
僅かに風が通り抜ける場所を見つけてもらって休憩。

私には、気になっていた道なので辛さはなくてルンルンだが・・あづいっ★・・

今日はバテ防止のため凍らせた麦茶やジュースをたらふく飲み、果物を食べ・・
太るかなあ?と思うほど・・色々と口へ運んだ。笑!
14:12 分岐。突然、広い場所になるので迷わないように・・
14:13 伏見の集落に出る!
晴れわたり、澄み切った空に大峯の山々がハッキリ♪クッキリ♪見渡せる♪

14:47 集落の中が一番辛かったなあ〜あづいし・・

でも「温泉♪ビール♪・・温泉♪ビール♪・・温泉♪ビール♪・・・・・」と
掛け声駆ければ疲れも吹っ飛ぶ!

入浴料は500円。お湯は2種類♪最高♪ホンマにいいお湯やった!

二階の食堂へ行き、生ビール♪これがまた・・ジョッキを凍らせてくれてるから・・
最高♪最高♪ホンマ最高♪・・おかわりしちゃった・・
まず、ごりさんが「おかわり♪」・・ゴックン・・
「ね・・半分こしない?」
笑顔さん、しばし考えてる・・あ・・もう飲みたくないのかな?
「ん〜・・半分にしたら中途半端でしょ。一杯ずつ飲もう!」
・・そっちやったのね!(笑!)
2杯ずつ飲んで・・極楽♪極楽♪

15:30にもバスがあったけど忙しいのでパス。なあ〜に・・ゆっくりビールが飲みたかっただけなんだけどねぇ〜〜♪(写真は風呂からあがり、ほろ酔い気分で)
16:40 バスが出る頃になると・・ご覧のように・・雲行きが怪しくなる・・

ちょうどいいタイミングで下りてきたみたいや〜〜♪

6時間予定が5時間ほどで下りてきた・・ちょっと自信がついたなあ!

ごりさん、いつもありがとう〜〜♪
笑顔さんのおかげでトマトが食べられるようになったよ!
・・暑いので・・ダイトレ3回目は9月と決定★

こうしてると・・定期的にガッツリ登りたくなるなあ・・すごいや・・

同窓会・目次へ   目次へ  トップへ

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO