岐阜・金華山(岐阜城) 07.03.20.火

mityannと青春18切符の旅
















青春18切符
本日分1600円

バス代210円


7:26
大阪発

近江
塩津行
新快速









mityannは今日が青春18切符初デビューだ!
乗る駅が違うのでmityannには大阪7:26発の近江塩津行(新快速)に乗ってもらう。私は茨木から高槻まで行って新快速に乗り換える。きっと通勤通学で満員状態だろうから、お互い探さないで、米原で落ち合おうと約束。もし万が一、隣の席が空いて席を確保できたら電話で呼ぶという事に。

案の定、すごいラッシュ!mityannは大阪からだから、きっと座れているだろうと安心していた。

茨木駅で一度mityannに電話をかけた・・男の人が出た!?・・「すみません!間違えました!」といって慌てて切る・・おかしいなあ・・ん?・・ありゃ〜!これは家の電話では・・あ〜りませんかぁ〜!・・え?携帯の番号は?・・オヨヨ・・アカン!こりゃ、アカン!
メールで「私の携帯に電話して〜」と送るが・・まあ・・米原に着いてからだな・・

私は京都で座れた。四人がけの席で三人が下りたのだ。私はスグに席を確保!・・私より年配の「山おんな」風の方が、座席にザックを下ろしてキョロキョロしている。席がもう一つ空いていた。当然、知り合いを呼ぶんだろうなと思うが、その空いている席を確保するでもなく、ただキョロキョロ・・遠慮していた男性が待ちきれずに座る。するとその年配の女性もザックを膝に抱えて座った。
・・すると・・同じような格好をした年配の女性が乗ってきた!・・かわいそうに・・ずっと立たないとアカンなあ・・なんで席を確保してあげなかったんやろう?一旦、荷物で確保して来なかったら開けたらいいのに〜・・途中で替わってあげることもなく・・そういうつきあいなのかあ〜



8:46
琵琶湖を挟んで反対側の比良山脈が白い頂をハッキリ見せてくれている!感動!一昨日、あそこで尻セードしてきたんだなあ!

う〜えっへっへっへ!伊吹山が見えるど〜!
え?伊吹山か?別の山かな?ま・・いいや〜・・・・・ホンマに?・・何でも・・いいのか?
8:50
米原着
mityannとは2両ほど離れていただけなので、スグに会える。
会って即!挨拶もそこそこに・・走るっ!走るっ!・・ホームが違うので陸橋を渡らないと行けない。

ホームに着いてみると、すでに行列ができている。1両目の一番前のドア付近は男性が一人立っているだけだった。そこに並ぶ。すると・・・年配の杖をついたおばあさんが、その男性の所に来た・・心配になる・・席がとれるかなあ?

もうじき列車が入ってくるという時刻になると、おばあさんはトイレに行きたくなったようで、次の電車にしようと言い始めた。それに、この電車は大垣でまた乗り換えないといけない。次のは真っ直ぐ乗り換えなく名古屋まで行く。
前にいた親子が列を離れた・・これで席は絶対確保できる!・・それなら!進行方向左側に席をとろう!窓の位置にも注意だ!・・へへへ・・進行方向左側に伊吹山の素晴らしい勇姿が現れるのだ!
9:09
米原発

最高の席を確保し、ゆう〜るりと座ってご満悦!むふふふふ・・・もう頭の中は伊吹山と大垣で乗り換えの時の席の確保だ!



9:18
伊吹山



近江長岡を過ぎてからですよ〜!

素晴らしいでしょ!

伊吹山の表紙にも使っている勇姿!

思わず・・ありがたや・・ありがたや・・
9:43
大垣着
もうひとがんばり席取り合戦!結構スリルがあって好きなんだなあ〜。確保できたときの勝利感は最高!
バス代200円 9:55
大垣発

10:06
岐阜着
観光案内所で岐阜城までのバスの時刻を聞く。ついでに金華山のハイキング地図もゲット!
mityannと二人分頂く!乗り場に行くと様子が違っている・・工事中だ!・・バスは丁度やってきて、時間のロスなく「公園前資料館」まで。¥260・・ん?・・¥200だっけ?まあ〜そんな金額。
10:37
公園前
資料館
下車
←写真は公園入り口。七曲がり&百曲がりへはここを右へ行く。

百曲がりへ→
七曲がりの一部は工事中のようだ。

10:44
百曲がりの標識 一部?どっちやねんと
思う時もあるが
おおむね分かりやすい
危険箇所は
しっかりした橋が
かかっている
11:29
城の塀
到着!

城というものは、見晴らしがよい小高い山に建っている。従って・・結構急である。そしてこの山は岩でできている。ゴツゴツしていて転んだら骨が折れそうだなあと思いながら登る。

ロープウエイ乗り場まで40分と書かれてあったが
「ほんまかいな・・無理やろ?」と思っていたら・・40分やった・・
11:48
天守閣
の前の
小広場
地元風の年配の男性がカメラを持って立っていた。
「そこの山が小津(おづ)権現。見晴らし最高や〜今日なんかすごいよ!このあと行ったらいいよ!」
「・・・歩いていけますか?」
「無理や」・・・どうやっていけっちゅううんやろ?乗っけてくれるんかいな?・・そうではなさそうやな・・なら言わんとってくれるか・・行きたくなるやろ・・ううう・・責任とってくれ〜〜!
岐阜城&資料館
200円




12:02
天守閣
今日は素晴らしく眺めが良く、
御嶽山・中央アルプス・北アルプス・
恵那山・伊吹山・・乗鞍は霞んでた・・

え〜〜と〜〜いぃい〜〜っぱい
有名処が並んでたんだけどなあ・・
天守閣の中に写真で説明されているので
照らし合わせて大騒ぎしたのに・・

あと・・川では・・とうとうと流れる木曽川と長良川・・だっけ?・・最高だったよ!
このとき、地元の学校の教師と生徒が来ていて「自分の家を確認して帰れよ〜」
岐阜城の修復の時には地元の人々が瓦を一枚ずつ持って登ったとかの話も聞けた・

天守閣でそれぞれの家を探してから、先生は私達に「どこから?」と声をかけてくれた
「大阪からです」
「そしたら、あっちの方向ですが見えませんね」
「青春18切符で来ました」
「今日は何日目ですか?」

この先生はどうやら連続して使わないといけないと勘違いしていたらしい。きちんと教えてあげると喜んで使ってみると言ってくれた。青春18切符フアンを一人増やせたかも知れない。これは達人が山ほどいるので私は会長どころか役員にも役付きにもなれないが、CM係にはなれそうだ!

学生達が下へ下りると・・外国の人だあ!・・ベトナムだって!・・長谷寺(ベトちゃん)以来、縁があるなあ!

「あれが伊吹山で・・あれが御嶽山で・・富士山はここからは見えませんよ〜」
美容師の方達で一ヶ月の給料が日本円で8000円だそうだ。それに対して入場料は200円・・日本では資料館とセットで200円は格安だと思うが、彼らには高いそうだ。
通訳が二人固まっていたので添乗員が「二人一緒にいてどうする!離れてちゃんと仕事しろ」と注意していた。そうだよ〜チンプンカンプンの人達がウロウロして困ってるじゃん〜。

この方達とは行く先々で会った。展望レストランに行くと、みんなで何か食べているし、瞑想の小径を下ったら、そこにいるし〜・・
13:35 昼食もすませ、トイレも行って、資料館も見て・・展望レストランで私は山菜うどんも食って・・

さて・・もう・・そろそろ帰らなければ・・頂上のお社の左横から「瞑想の小径」を下っていく。素晴らしい景色を見ながらの下りになる。
メシ代他1000円
素晴らしく歩きやすい路だと思っていたが・・そうでもなかった・・岩の山なので・・都合の悪いことは忘れていたみたいだ・・歩いていると思い出した・・はは・・景色と木漏れ日が素晴らしいので・・ま・・いっか!
私は前回、途中からまた引き返して登り、ロープウエイで下ったので、途中からは初めての道だ。地元の方々に人気の山なので適当に誰かとすれ違うから安心して歩ける。

途中、谷間というか、雨が降れば滝と化す滝道があった。道?・・ゴロゴロ岩ばかりのその道は岩に真っ赤なペンキで矢印が記されており、比良の八つ淵の滝で見たような滝登りをするのかなあと・・・何もあんな所を登らんでも・・他に道があろ〜がな〜(岡山)
14:28
伊奈波神社社跡・・というが・・岩場だ・・この上に建ってたの?すごいなあ・・
ここは確かに広い場所で神社があっても不思議ではないが地質を考えたら・・上に乗っかっていたのかな?昔の大工さんは素晴らし腕前だったんだろうなあ・・

ここからが大きな分岐になっていた。今、下りてきたわけだが、ここから左へ急に曲がって登っていくと「馬の背コース」だ。行きは良いよい・・帰りは怖い・・で、登れるが下りられないそうだ。今度登ってみたい。
来た道から言えば、大きく左へ下っていく道があるので、そちらへとる。
14:37 すると・・今度は三叉路に・・標識だ。今来た「馬の背・瞑想の小径」への矢印と「三重の塔・ロープウエイのりば」への矢印だ・・残ったもう一つの道は?・・どこへ出るの?・・う〜〜ん〜〜
もらった案内の地図を眺めるが、簡単な地図なのでそんな道はのっていない。え〜と・・前回の様子なども思い出して・・
「よしっ!こっちの方角だ!」と、三重の塔方面へ
14:40
三重塔
早っ!
もう着いた!
14:41 登山道入り口!
今、ここから下りてきました

ロープウエイ乗り場近くで周辺を見回す・・
思い出した!もう記憶がある!
バス停はこっちだ!


バス代200円
15:11
岐阜駅
バス停は下りたところではないんです。公園入口の噴水から来たときと反対側のスグ近くにあるんです。
一方通行の道路が入り組んでいるため、気を付けないといけないんですよ〜。
15:06だったかにバスが来ました。
「岐阜駅に行きますか?」
「・・近くを通ります」
「駅には行かないんですか?」
「・・近くを通ります」

・・ま・・いいか・・近くまで行けば・・・・・・って・・・駅じゃん!駅に着くじゃん!・・
「岐阜駅西口」・・・駅前は工事中だから構内には入らないってワケで「駅には行かない」・・でもこれって駅じゃん!・・もう・・紛らわしいなあ・・駅の目の前に着くんやから駅でええやんか〜難しいなあ・・
15:18
駅に着くと、ちょうど電車が・・これが都合良く米原からの新快速にも連絡していて・・かなり早く帰ることができた。席も確保しながら大満足の旅は終了!
mityann、誘ってくれてありがと〜〜!楽しかったね!

青春18切符目次へ  トップへ  本館目次へ



SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO