初スノーシュー  2008.02.21.木

山門(やまかど)水源の森にて

そもそもの発端は・・私が以前からスノーシューをしてみたいと思っていた事と、熊野古道仲間のこっこさんが「スノーシューしたいなあ!」と言い出した事だ。

スノーシューしたいから靴を買い替えると・・こっこさん、燃えている。
「私は梅田の好日山荘で買ったよ〜店員さんも優しいし、数が多いから、どれか足に合うよ」
行動派のこっこさんは、すぐさま飛んでいき、探す・・探す・・そしたら、ピッタリのがあって、それがまたラッキーな事に、型オチで42%オフだったそうだ。
靴が呼んだか・・スノーシューが呼んだか・・はたまた・・ガイドのヌプリさんが呼んだか・・

事はトントン拍子に運んで・・今日、21日(木)快晴の中をスノーシュー初体験とあいなったわけである。
私達は「初体験」という言葉の響きに、興奮と少しの不安を感じながら・・大騒ぎで集合場所の京都へ向かう。こっこさんはガイドのヌプリさんとは初対面だから、それもドキドキに加わる。

8:00にヌプリさんと合流。車に乗り込み、琵琶湖の西を北上する。
9:37 目的地の近くの道の駅で10分休憩。
10:21 山門水源の森到着〜!
ここは2005年9月、キノコ観察会に参加した時に来た事がある。
湿地帯が雪で歩けるようになっているそうで、山有り平地有りで都合がいいみたい・・
懐かしいなあ〜!
すでに誰かが歩いたようだ・・

スノーシューを装着する時点で汗が出る・・

前はヌプリさん
後は、こっこさん

10:47 ウサギの足跡〜♪

「どっちに進んでるかわかりますか?」
「あ・・よく見たら指の形まで見える〜アッチや!」
「ブログで見た通りや〜」
11:02 もうこれだけで大満足のこっこさん&ニャア

思ったよりもスノーシューはラクチン。もっとチカラが要るのかと思っていた。スキーみたいに滑るイメージがあったので怖がっていたニャアだけど、逆に滑らないので安心し始めた。
細い橋を横向きに渡るときも怖いこともなく、スノーシューを自分で踏んでしまうので、よっからよっこら・・面白かった〜。
11:07 すんげえ〜急斜面〜こっこさんが「ひゃ〜」と・・いいつつ・・平気で登っていく

え〜?非力でか弱いニャアには登れるのか〜?いくらスノーシューが滑らないといっても、斜面だと滑り落ちるんじゃあないのか〜?と・・考えてしまう・・

が・・登ってみると以外や以外!「へえ〜!」と・・感心してしまう。結構平坦な階段のようになって実に登りやすい!
「割とラクに登れるもんですねえ〜」
「でしょ!・・ところが・・もりりんさんは汗だくで力一杯登っても登れないんで斜めに登ったんですよ〜」
友達の魔神もりりん&ぐっちぃさん、少し前にヌプリさんに連れられテント泊の時・・体重が重すぎるせいか・・スノーシューでも登れないんだそうだ・・ずり落ちてしまうって・・全力を使い果たしたとか言ってたなあ〜(奥様の?飼い主の?日記


たぶん・・こんな表情だったのではないのかな〜?
あ・・この写真は息子・2才の時です
話を聞いて、この時を思い出しました

11:48 湿原到着〜

お昼にします〜♪

今日は風もなく暖かいので最高!
の〜んびり〜
この湿原で歩き回るのかと思ったら、横切り・・山へと入る。

13:16 わあ〜おっ!ニャアの大好きな伊吹山が見えるっ★

ガシガシガシ・・と・・山を登る。ところが・・木々が生い茂っているので歩きにくい。木の周りは熱で溶けて結構深い穴が開いていたり・・近寄らないようにと思っても木だらけなので・・そういうわけにもいかず・・ガボっ★・・と・・はまってしまったりする。そしたら・・出られない・・
こっこさんはスノーシューの後が刺さってしまってこれにはSOS!ヌプリさんが引き抜いて無事脱出。

どんどん登って・・大きな岩にしがみつくようにして回り込みながら・・登って・・ふと・・
「ヌプリさん、確か私は・・平坦な所で楽しみたいんです・・って・・言いましたよね〜?」
「え〜?またまた〜そんな事いう〜(笑)」
「ぐっちぃさんが言ってたんですよ〜ヌプリさんが素直に平坦な所だけで終わらせるハズがないやろ〜・・って〜」
なあ〜んて言ってると・・標識が・・あれ?

13:52 予定はピンクのコース。でももう黄色のところまできてる!

おかしいなあ〜ここからは引き返すことに。いくらなんでも頂上経由では大変すぎる。第一、のんびり楽しんでいるから時間がない。
途中で右に入るコースが分からなかったのだ。いや・・標識はあったのだが、そっちは木々が多くて、とても下れない様子だった。無理ッス・・
「下るときは新雪の所を降りた方がラクですよ〜」
「ほんまや〜!気持ちええわあ〜〜!」
「わあ〜!ほんまや〜!ええわ〜!最高〜!」

・・と・・調子に乗っていると・・倒木をまたいでいるときバランスを崩して座り込んでしまった。しかも左のスノーシューの横がめり込んでしまい・・横座りみたいになって・・少しでもチカラを入れると右足が滑って下へ・・ますます困った事に・・どうやら右のスノーシューが少しだけ上に乗っかってしまったようだ。しかも木をまたいだままやし〜男やったら唸るで〜動けばますます重なるし〜

ひええ〜知恵の輪状態や〜!

ヌプリさんと、こっこさんが指示してくれるが、どうにもこうにも・・何とか後ずさりしながら脱出。自分でもおかしくて大笑い!
「周りから見ると何しとんねんって思うけど、自分しか分からないでしょ(笑!)」
「そうなんですよ〜思うようになんないです〜(大笑!)」
「な!な!動かれへんやろ〜!(笑!)」
こっこさんがキツネの物らしき足跡を見つけたり、懲りずに新雪をずり落ちながら14:46 湿原に下り着く。面白かった〜!

「足を上げて〜!」
パチリ!

なんとなく、この湿原でゴ〜ルした気分になっていたニャアは、これからまだ駐車場の方に行かないと行けないことに気が付く・・わ・・しんど・・

また伊吹山が見える所まで上って感動し、ずり落ちながら騒いで・・

←あ・・もりりんや・・なんて笑いながら・・とうとうホンマにゴールへ・・
15:38 入り口まで戻ってきて・・あ!かわいい!キノコみたいや〜♪

あああ〜もう終わりかあ〜楽しかった〜♪

今日のアルバムです。夢中になって遊んだのであまりないけど・・
スライドショーにして見て下さい。
京都駅までの車中では話に夢中!

そして・・次のイベント・・今年、ニャアが一番チカラを入れている・・大峯のイベントに眼を輝かせ・・大まかに時期を決めて・・えへへへへ・・・パート代、貯めとかなきゃ!


ヌプリさん、こっこさん、本当にありがと〜♪
またヨロシクね〜♪
ヌプリ・ツアー目次へ   本館へ
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO