昨年、同じ時期にあったイベントだ。気に入ったので今年も楽しみにしてた!
前回の写真などとダブルものは省略してあるので、
コースを見たい方は昨年の日記と合わせてご覧下さい。
昨年の日記

JR和邇(わに)駅9:20集合。バスにて栗原まで。2006、06、04、日

栗原〜権現山〜ホッケ山〜小女郎峠〜蓬莱山〜打見山山頂

帰りはロープウエイ・バスにてJR志賀駅まで

いつものようにJR茨木の駅に着いてみると・・車両点検のため10分ほどの遅れだという。ゲゲッ!またかよ〜と思うが、安全第一!しゃ〜ないなあ〜ま、ど〜せ今日はJRのイベントだから遅れても大丈夫だろう。もう慣れたもので一向に動揺しなくなった。
それにね〜トイレ待ちやらで、ど〜せスタートが遅れるんだ〜。

高槻の駅で次の新快速に乗り換えようと待っていると、ど〜みても同じイベントに参加しそうな女性が・・・何とはなしに話が始まって・・・この日、一日ずっと一緒に歩く事になった。小柄で華奢なカンジの方だ。






9:11 電車が遅れたにしては時間通りに到着!

昨年はバス4台。今年も同じくらいで270名だと聞いた。私達が乗ったのは最後のバス。

10:10 栗原に到着 
先に到着している方達が各自ストレッチなどして待っている。
到着後、5分くらいで出発!

当分はアスファルトの道路が続く。今日は草を刈ったりと、作業をしている方達が大勢いた。
働いている方の横を遊びに行くのは何とも妙な気分である・・
10:44 
記憶とはいい加減なもので、山道までの時間を覚えていない。近かったような気さえする。
まだ歩き始めだし、山の中なのでそんなに感じないが結局45分くらい歩いたんだもんなあ〜。 


10:55 あ〜!登山口が見えてきた!

休憩中だ。去年もここで結構時間が掛かった。
私達が着いてから少ししてスタートしたが、ここからは狭くなるので一人しか通れず、270名が終わるまでには結構時間が掛かる。
それを知っているので「まだまだかかるからザックは下ろしてていいですよ〜」と声を掛ける。

11:07 やっと登山の入り口?に、辿り着く。




ここからは、ただひたすら登り!このコースは危険箇所や私の怖がる岩肌などはないが、上に出るまでが、ひたすらの登り。いつもは黙々と他の方の会話に耳をそばだてるが、今日は可愛い彼女がいるので(・・ちょっと表現がヘン?・・アブナイ?・・)ずっと、おしゃべりしながら登る。

11:40 初めての広場。去年もここで休憩。
たしか、ここから更に急になるので10分の休憩を必ず取るようにって言ってたっけ。
ちょうどいい石垣のような場所を確保!
11:42 座って間もなく先頭集団がスタート(写真では見えにくいだろうなあ)

初めての参加の方は気になるかも知れないが、慌てる必要は全くない。
だぁ〜って、さっきの入り口と一緒で、ど〜せ一人ずつしか通れないんだもぉ〜ン!
急いで並んだって立ちっぱなしなんだよ〜。
空いてきたところで・・ヨッコラショ!・・(^▽^)
12:32 おお〜!ご褒美〜!目の前の山は霊仙山
霊仙山出会ってトコから来たわけだから・・もらった地図を見ると霊仙山までの往復は一時間ほどらしい。あの山にも登りたいなあ・・他にも権現山から折立山だとか、蓬莱山から駅まで下る道だとか・・行ってみたいなあ・・まあ〜この山に慣れたら一人でも行けるかな?




12:33 権現山〜!996m!

ん?アラキ峠を経て平・・折立山の方向?・・ゲ!こんな藪・・?長いのが出てきそうじゃん!
一人じゃあアカンわ!前をゾロゾロ歩いてくれた後じゃあないと歩かれへんわぁ〜!
さっきハッスルしていた気持ちが一変に吹っ飛ぶ!・・何しろ根性なしだもんで・・
去年はここで雲の中に入ってしまい、
ほとんど見えなかったと思う。



12:37 おお〜!目指すはアッチ!(不確か・笑!)

かわいい花、発見!

少し行くと弁当を食べてる人達が・・聞くと先は満員だからという。
先頭はもっと先で食べているだろうが、ここから先へ行っても藪を倒して食べないといけなくなるので、ちょうど座りやすそうな場所があったから、座り込む。

いつものように、おむすび二つ。今日は彼女も一緒なので、ゆっくり時間をとる。
私達に教えてくれたグループは楽しい方達で、賑やかに盛り上がっていた。

私が去年、参加して気に入ったから今年も来たというと、オバサマ達が驚いていた。オジサマ達は喜んで「ほれみぃ!」という。私は「毎年こな、アキマヘンよ〜!」と言いながらスタートした。
うっかりスタート時間を写すのを忘れた・・結構長くいたと思う。




13:37 ホッケ山!

ここを過ぎてからはドウダンツツジの銀座だったはずだが
今年は見られない。まだ咲き始めのようだ。残念!
あの見飽きるほどの咲きようを期待していたので少々寂しい
それでもやっとチラホラと・・・
少し行った所で



13:53 おお〜!ゴール近くの建物が見える!


14:09 おお〜!ここは去年!
○ンコ騒ぎがあった場所だぁ〜!
え〜?知らない〜?そんなぁ〜!
フフフ・・去年の日記を読んでね・・
絶対!面白いから!
14:11 十字路。

小女郎池・蓬莱山・ホッケ山・JR蓬莱駅
方向への交差点みたいだ。
14:16 小女郎池
今年4月9日に来た時は凍ってて、
もりりんさんが立っていた所も今は水が・・
泥と行った方がいいのかな?

この標識の所で、その4月9日に、しんがりを騒ぎながらマイペースで行く私達に、ずっと付き添って下さった方が!朝、お顔を見て「わあ〜い!」と思っていたのだが、声をかけるチャンスがなかったのだ。

「4月にお世話になりました!」と挨拶すると気が付いていてくれたようで・・笑った!・・
え?何でですかぁ〜?何ででしょうねぇ〜?(^▽^)






15:03 蓬莱山山頂!そして向こうにはゴ〜ルの打見山が!

ここはスキー場のため、リフトが続いている。
ここを降りていった所に水仙の大群生の場所がある。咲き誇った時期は、それはそれは見事なものだ!一見の価値有り!二見の価値もある!三見は・・しつこい?(笑)

そして・・そこからのリフトは実に!楽しい!席が空いていれば・・・
背中が割れて綿がはみ出しているゴリラ君や・・寝っ転がってる怪獣クンが・・乗ってるのだ!


カメラの用意が間に合わない!残念!


ここでプチ!事件が・・

咲き終わった水仙の群生地を降りていくと・・家族連れで賑わう広場に出る。冬の間はスキー場だ。ここは道が分かれているが、どこからでもゴンドラ乗り場に行けるため、指示もなく分かりにくい。

彼女が近くにいたイベント参加者にゴンドラ乗り場はどっちかと聞いた・・
数人のグループで、一番ベテラン風の・・真っ黒に日焼けしたオジサマが・・
「あんた、ここはまだ蓬莱山やで。まだ先や」
「え?蓬莱山は、さっき・・」
「何いうてんの〜さっきはホッケ山やろ。ここを登ったら蓬莱山や。そこから打見山へ行かな」

まあ〜そのうち分かるだろう〜吉本的ではないオジサマには恥になるだろうから、お礼を言って、ゴール目指して一目散!

15:38 打見山山頂!ゴンドラ乗り場着!ゴ〜ル!

受付があるので到着のチェックを受けて今日のハイクは終了〜〜!




ゴールの所にクリンソウが植えてある。近くには群生地があるのだが明日の奈良交通フリーハイク稲村ケ岳のために、諦める!体力には自信があっても関節には自信がないので大事をとった。
写真を撮りおわったら・・さっきの・・オジサマのグループが到着!
ご挨拶してゴンドラ乗り場へ・・

こうして楽しい一日は終了〜!
あ〜!楽しかった!
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO