霧氷の 薊岳 2006.12.23.土

昨年(2005年)・奈良交通のフリーハイクで連れて行ってもらった薊岳。登り初めの頃、かなり冷え込んでいて顔が痛かったのを覚えている。でも、とにかく気に入って今年も期待していたのだが、今年は西大台ケ原に自由に入れる最後の年となり、フアンからの要望が多く、薊岳の企画はなくなってしまった。もう来年(2007年)に期待するしかないなあ〜今年は行けないなあ〜と残念がっていたところ、ヌプリさんが「23日は薊岳で如何かな?」と・・
わあ〜お!何でこうも行きたい山が順番に分かるんやろ〜!?

最初は「狼平」・・これはもう絶対に行けないと思っていたが一番行きたかった場所!
「稲村ケ岳のレンゲ辻!」・・これも諦めていたコース
次は「釈迦ヶ岳」・・旅行会社のツアーがあって申し込もうかと思っていた
「ポンポン山」・・近場ながら行くチャンスがあまりなく、気になっていた山

そして今回の薊岳!これで今年登り残した山はない!ありがと〜〜!ヌプリさん〜〜!
12月23日(土)
それまで気力も失せ気味で少々ヘバっていた私だが、エネルギー満タン!わくわくわくわく!
もりりん&ぐっちぃさんと待ち合わせ一路梅田へ!途中でトイレをすませ、7:23 オムスビを買い・・クリスマスプレゼントだと左のドーナツをもらって、ますますツイテル・パワーで待ち合わせ場所へ!





7:39 ヌプリさんと合流!
晴れ予報なのだが、いつも通り・・もりりんをニラミながら
「大丈夫かなあ?雨、降らなきゃいいけど・・」と騒ぎながら出発!

途中、道の駅で新鮮な野菜を買い・・トイレから出てこないもりりんを
「流されたんやろか〜?」
「いや〜詰まるやろ〜?」と心配?しながら
「早ぉ出んかい」と脅して楽しむ。

登山口近くまで来ると、やけに冷え込んで来る・・「外は1度ですよ!」とヌプリさん。
そういえば去年、バスは暖房がガンガン入ってたなあ〜
着いてみると「さぶい〜〜!」「冷える〜〜!」・・支度をしながらも大騒ぎ!
ん?ぎゃあああ!冬用の耳当ての着いた帽子忘れた!・・夏用の帽子しかないっ!・・
そうや〜!これや〜!フリースのマフラーがあるやんか〜!〜マニアックな方だけクリック〜
ちょっと遊びすぎたかな〜?  10:10 やっと登山開始!
昨年と比べて風があまりなかったのでマシだったが、それでも冷え込みは激しくて、これだけ武装しても頬が氷のように冷たい!それに・・こんなに急な坂道だったっけ?・・と思いつつ気持ちの良い山に生き返るようだ!

しかも道は霜柱が立っていて足をかわすたび「シャクっ!シャクっ!シャクっ!」と、懐かしい音がする!子供の頃を想いだした・・ええなあ・・

10:19 木々の向こうに白いものが見え隠れする!霧氷だ!
10:26 二階岳到着!・・ええなあ・・たった15分で山頂や!嬉しいなあ!
ご覧の通り真っ白!でも雪じゃあない!霧氷が落ちて積み重なっているのだ!
デコレーションケーキの上にかかっている、小くて細い短冊のようなホワイトチョコのようだ!
踏みしめればポキっと折れるような音が聞こえそうだ。








11:00少し前になると霧氷が急に増えてきた!
この冬、初めての白い世界に、もう〜大騒ぎ!
写真撮りまくりで歩かなくなる!ぐっちぃさんは今日が登り納めと決めていたので感動ひとしお!
「今年は雪に始まって(出会いの三峰山)、雪に終わる〜〜!」と、大はしゃぎ!
猫であることを忘れて犬のように喜び山駆け回り・・
ふと気がつけば木々の向こうに真っ白な山の頂が見える!
「ヌプリさん、ヌプリさん、あれが薊岳ですか?」
「いえいえ、何を仰るもりりんさん。あれを越えた更に向こう・・」
「・・・!・・・急ぐどぉ〜〜!」







11:20 木ノ実ヤ塚到着〜!〜もう一面雪景色!
空はといえば・・もりりん空とでも言うべきか・・しかし、今日ばかりはこの曇り空が幸いし、霧氷をしっかり残しておいてくれたわけだ。
「ねえ〜これ何の実かなあ〜たくさん落ちてる」
「食べちゃあダメですよ。それはシカの・・・」
でも・・中身のやで〜」

・・これ、どの辺りで出たっけ?今日一番のヒット!
12:00 薊岳頂上〜! 先客が一人いて昼食をとっていた。
ここは見晴らしの最高に良い場所で、晴れていれば、このように二上山・金剛山まで見渡せる・・晴れていれば・・である・・この頂上は狭いし風が吹き抜けていくので寒い。霧氷は見事だけどお弁当を食べるには寒すぎる。少し移動することになった。
予定はここまでの往復だけど、少し先へ進んでみることに。
12:15
すると・・これがまあ〜素晴らしい霧氷が続く場所に!・・そして風よけになる格好の斜面を見つけ、ここで昼食をとることに。少し下りると平坦になるし倒木があって椅子の代わりになってくれた。
もりりん&ぐっちぃさんは何と「おでん」持参!これがビンゴ!カップヌードルとかは汁が結構多いけど、おでんは最高!少し分けてもらって汁も飲んだら身体がポカポカ!
次回は前日に作って持っていこうっと!寒い時期には最高や〜!
12:45 今日の秘密集会の証拠写真

これから下山しま〜す!もう一度薊岳の頂上へ行って下界を眺める。少し晴れてきそうな気配に色めき立つ!
12:58 

「わあ〜い!フカヒレの姿煮やあ〜!」





今日の雪は・・雪というより・・ご覧の通り「エビのシッポ」が落ちて積もっているのだ!ずぅ〜っとそう!これにも感動したなあ!踏んで壊すと感触が面白い!

わあ〜い!
富士山も見えた!

13:17 雪国の景色は無論だが、上だけ白くて周囲が緑の杉ってのも面白い
ここで休憩〜!〜でもこの日は、とても嬉しい出来事が!〜
〜もりりん&ぐっちぃさんが私のために「お誕生日会」を企画してくれていたのだ!〜
実はメデタク?52回目の誕生日を迎えたばかりなのだ。
誕生会なんて何年ぶりだろう?いやいや10年ぶりくらいかもしれない。え?もっとかぁ?
おおおお〜!
「ぬりかべ膝掛け」だあああ!これ欲しかったんだあ〜!
少し前に、もりりんさんが見つけたっていうから「買って来て〜」とお願いしていたのを何とプレゼントしてくれた〜!

おまけにケーキまで持ってきてくれた!これがまた実に美味しい!

ここは風も当たらずポカポカしているので時間を気にせず、ゆっくりと過ごせた。

しかし・・この少し前・・すごぉ〜い騒ぎが勃発していたのじゃ〜!
「じゃあ〜ここで休憩しましょうか〜平らなところを探して下さい」

ここで私は「分っかりました〜!」・・と・・いおうと思ったのに・・何と!口から出た言葉は・・
「分かっとるわぁ〜」・・と・・いうてしもうたあ〜!・・脳梗塞やろか〜?

「天王寺の変」以来の大チョンボやぁぁぁ!当然の如く!ここで、すかさずダブル攻撃だあ!

「うおおお〜!みけさん!ヌプリさんに凄い発言やあ〜!よ〜いうわあ〜誰もそんなん言えへんよ〜!さすが!悪代官やあ〜!」・・と、矢継ぎ早の攻撃!攻撃!・・
しぃ〜まったぁぁぁ!反撃する間を与えない気だ!・・というより・・私も大笑いで反撃不能!
ヌプリさんも声をあげての大笑いだぁぁ!

・・と、まあ・・こういう一幕があったそうな・・
・・きっと・・私達は熊に遭遇する事はできないだろうなあ〜こんなに騒がしいんじゃあなあ〜
14:05 木ノ実ヤ塚
途中から晴れてきたので、朝は一面白かったのに、ほとんど溶けていた。木の上の方に、とても繊細な雪が残っているのが愛らしかった。もう陽は傾いて夕方を思わせる色になっていた。

15:57 登山道入り口に到着!ゴォォ〜ル!
16:12 昨年も立ち寄った「やはた温泉」に到着!
去年は休憩しただけだったが奈良交通・吉野営業所の方が
「いい温泉なんですよ〜入りませんか〜?」と・・で!気になっていたのだぁ!ここにも入れるなんてなあ〜!最高〜!
いや〜ホンマに〜エエ湯やった〜!
16:25 「天誅義士墓所」
朝通りかかった時にも気になっていたし、熊野古道スリーズで何度か「天誅組・・・・」という標識を見て気になっていた。いつかは行きたいと思っていたが、ここにも立ち寄ることができた!
私が知っているのは「武田鉄矢・小山ゆう作・お〜い!竜馬!」での事で、このお墓の中でも知っているのは「吉村寅太郎と那須信吾」だけだった。
重々しい歴史の中、今でも大切に祀られているのがよく分かり、気持ちの良い場所だった。
アルバムです!
スライドショーを
クリックしてご覧下さい


18:40 ヌプリさんと別れて電車の中・・

あ〜!今日も最高に楽しかった〜!バツグン!
あとは裏山に登って何とか年間100日を達成するぞ!



SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO