西国2番札所・紀三井寺〜片男波公園〜和歌浦港〜牛ノ鼻〜和歌山駅(ヒッチハイク?)

2005.03.31.木

紀三井寺駅の広い道路を真っ直ぐ
すぐ突き当たるので左に。
あとは・・・適当に左に曲がると・・・
裏参道に出る。表へは更に少し行って左に曲がる。裏参道入り口にいる人に聞けば教えてくれる。
見えてきました〜!
さすが人気のお寺です。
土産物屋が多いです。
本道です。ここまでの階段は結構キツイです。狭いし少し下がっている階段です。
本道左にある桜が開花宣言の木です。
(まだでした)
境内奥の駐車場からは素晴らしい景色が一望できます!かすんで見えるのは黄砂か?春霞か?花粉か?
目薬!目薬!
表参道途中の「名水」のトコの芭蕉の句碑 ここの桜が最高でした
この日に出会ったお花を
スライドにしました。
写真をクリックして下さい

さてさて・・・ここからが本番です・・・(この不信心者!)

私は「西国三十三カ所ウォーキング」という本を見て歩き回っています。
今回の予定は左の地図でしたが途中でリタイア。
   ★地図はクリックすると大きくなります

日記は、この地図に従ってすすみますので、
見ながら読んで下さると分かりやすいかと思います。
さてさて地図通り紀三井寺の正門から真っ直ぐ下りて線路を渡ると、こんな大きな交差点に出ます。 県立医科大付属病院の前を通りますから、さっきの交差点は、この建物を目印に行けばいいです。真っ直ぐです。 医科大を通り過ぎたら「旭橋」を渡ります。
でっかい橋です。
この橋を渡ったらスグに左にある小さい階段を下りて海岸沿いに歩きます。
橋の向こうに見える白い建物の、こっち側を下りるようになります。
もう、どこに行っても大パノラマが広がります! 向こうの方に、このような橋が見えます。 まもなく、こんな景色です
妹背山(小島)一周10分。この橋の所で魚を釣ろうと餌をまいていました。すると・・・ ・・・やってきました・・・ わあああ〜!怖い〜〜〜い!
さっき見えていたお堂です
「観海閣(かんかいかく)」
と書かれてありました。
この小島はこのような断層になっていて、あちこち削り取られたようになっています。
写真では分かりませんが迫力あります。
断層などをマジマジと眺めていると
さっきの橋の所で写真を(かなりいいカメラで)撮っていた方がやってきて

「何かの調査ですか?」
「いいえ〜。ただの観光客です」
「え〜?そうですか?調査員にしか見えませんでしたから」


・・・そうかも・・・ハイキングの格好をしたオバサンが、マジマジ眺めながら時折写真を撮って本をマジマジ見ているから・・・

木の根っこが断層に沿って斜めに伸びているのが分かるでしょうか?
ここは全部が、こんな具合です。恐らく、岩盤が非常に固くて突き破れないのでしょう。

この木の根を満足するまで眺めていたいのですが、そうもいきません。
また海沿いに歩き出しました。
さっきの小島が、もうあんなに小さくなりました
片男波公園(かたおなみ)
の入り口です。
鮮やかな赤に圧倒されました。
ものすごく広い公園で先まで行くのに時間がかかります。トイレも2カ所。 親子で夫婦で・・・昼休憩で・・・
広いので大勢の人がいても少し離れれば静かです。このこの公園は、かなり!気に入りました!
公園の先っちょにあるモニュメント
でも、この右側には、だだっ広い海岸:海水浴場がモニュメントのかなり先まで伸びています。 公園の中からも橋がかかっていて渡れます。もちろん!行きました!どうしても眺めて見たくて!さっきのモニュメントが小さくなりました ・・・先っちょは、近く?で見ると・・・
ますます遠くなりました。散歩のおじいさんとかジョギングの若い女性もいます。
こうなったら何が何でも先っちょまで行かないと気が済みません!

これが結構・・・遠かった・・・行けども行けども・・・

そうこうして戻ってくると・・・
かなり水が引いている。干潮だ!
公園を出て更に海岸沿いに・・・
ここはズ〜〜と海水浴場
突き当たりに見えますが通り抜けできますが、牛のように大きいと通れません!
和歌浦港っていうのかな?
ず〜〜っと景色が大きすぎてカメラはもちろん目にも入りきらない。
「牛の鼻」? 2つめの灯台を過ぎると・・・
 
   
こお〜んなステキな岩が!
でも・・・ここは立ち入り禁止になってます。
台風24号のせいで・・・
遊歩道は完全に寸断されていました。
でも引き潮のため、左の写真の穴を通って向こうへ行けるそうです。20人くらいの団体がやってきました。
私もついて行きかけましたが何だか急に怖くなってやめました。
ここでも「地質調査の方ですか?」って言われました。
周りの旅館は、かつては賑わっていたのでしょうが、今は廃屋と化し、取り壊しが始まっていました。
内部の写真を撮りたかったのですが、工事の方達もいらっしゃってできませんでした。



ヒッチハイク?は
ここじゃあないです〜


もう少し手前に下って行ったトコ



途中まで戻って・・・
この左の(写真では完全に見えませんが)下から上ってみました。
さっきの場所を上の道路から迂回しようと思ったんです。
少し歩いて、さっきの岩が上から見える所にきました。


でも・・・ここで・・・随分疲れてる事に気が付きました・・・
そのはずです。もう4時間くらい歩いていますから。





あの時わたしを乗せて下さった方
本当にありがとうございました!
感謝しております!
ますますお元気で
お仕事も順調ですように!
バスに乗ろうと・・・停留所の時刻表を見ました。
もうじき来そうです。でも・・・和歌山市行きです。
南海・和歌山市となっています。

私は今日、¥を持ってきていませんでした。青春18切符で往復できるからと・・・

バス停横の小さな個人のお店から出てきた業者の方をつかまえて聞くと、どうやらJR行きはないようで、この辺りでは南海の駅に行くそうです。
「すみません。この和歌山市までは、いくら¥がかかるんでしょうか?」
「え〜と・・・よ〜知らんけど・・・どこまで行くん?」
「大阪に帰るんです」
「ああ〜。それならJRの和歌山駅の近くでよかったら乗せてあげるよ」
「え〜〜!ホンマですかあ〜?!助かります〜!」

・・・という事で・・・これってヒッチハイク?

「それにしても、かなり歩いたんやなあ」
「はあ。もう・・・疲れてしまって・・・」
「遊歩道が通れて先まで行ったら大変やったで。バスも本数少ないし和歌山市まで行ったら時間もかかるし」
「本当に助かります〜!」
「和歌山駅までの間に旨いラーメン屋があるよ。井出っていう店や」
「へえ〜!和歌山ラーメンって言ったら有名ですもんね」
「食べる?」
「うん!」・・・しまった!お金がないんや〜!(心の声)
「よっしゃ!でもなあ昼と夕方しかやってないんや。今・・・3時かあ。無理かも」

車で15分くらいかかったんじゃあないだろうか?
「わ!木曜定休や!しゃ〜ないわ。次来たとき食べてみて」
「はい!今度楽しみに!」
「ここまで来たんや。どうせUターンせなアカンし、駅まで送ったるわ」
「わ〜い!ありがとうございます!すみません。お仕事中だったのに」
「ええんや。ええんや。気にせんとって。ほんなら気ィつけて帰りや」
「ありがとうございます!本当にお世話になりました!」


車が見えなくなってから駅に行くと丁度大阪〜京橋行きの快速が!
ラッキー!ラッキー!

せっかくの引き潮で、向こうに渡れる経験ができるチャンスを自分でフイにした事は残念だけど、そのおかげで優しい方と触れ合えたわけだ。
やっぱりラッキー!



ここで・・・ahoumatsuさんからの情報でえ〜す!


ラーメンの井出商店はお店は小さいし、お世辞にも綺麗なお店ではありませんが、
ラーメン通には全国レベルで指折りの有名店です。
お昼の開店時にはオーバーじゃないけど、50メートルくらい行列しているのは当たり前で、なかなか食べられないですよ。



次回!その行列も写したいですね!
う〜〜ん・・・でも・・・イラチの私には待てるかどうか・・・?










SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO